【足首前面の痛み】でお悩みの方へ!原因は足首以外の部分にもあります!

【足首前面の痛み】でお悩みの方へ!原因は足首以外の部分にもあります!

足首の前面に痛みを引き起こす可能性がある筋肉

トリガーポイントとは筋肉に出来た硬い結節で、押すと痛みがその場所だけでなく、他の場所にも広がる部分のこと。

今回はそのトリガーポイントが発生すると、足首の前面に痛みを引き起こす可能性がある筋肉のご紹介です!

※各画像について

  • 筋肉上にある×トリガーポイント
  • 青い部分痛み(関連痛)を感じる範囲

前脛骨筋

 画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • すねの骨の外側に沿うようにある筋肉
  • 凹凸のある道を歩く長時間の車の運転でアクセルを踏み続けるふくらはぎの筋肉の過緊張などで、トリガーポイントが発生しやすい。
  • 前脛骨筋のトリガーポイントは、足首前面~足の甲の親指側に痛みを発生させる。
  • 前脛骨筋が弱るとつま先が下がり、平らな地面でも足を引っかけたり、階段を上る際につまづいたりして、転倒によるケガの原因にもなる。
  • 前脛骨筋のトリガーポイントは子どもの足や足首の成長痛の主な原因の一つでもある。

第三腓骨筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • 他の筋肉に隠れた位置にある筋肉で、つま先を上げる働きがある。
  • 足首前面~外側に沿っての痛みと外くるぶし周辺の痛みを発生させる。
  • トリガーポイントがあると、他の筋肉の問題が解決しても足首の痛みや筋力低下は持続する。
  • 靭帯損傷腱炎変形性関節症の兆候と間違われる。

長趾伸筋・長拇趾伸筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • 前脛骨筋の外側に沿って位置している筋肉。
  • 車の運転でアクセルとブレーキを頻繁に踏む自転車をこぐ長い階段を上る・ハイヒールの靴を履くなどでトリガーポイントが発生しやすい。
  • 足首前面足の甲~指先にかけて痛みを発生させる。
  • 長趾伸筋が緊張し、トリガーポイントが出来ると、深腓骨神経が圧迫されて、足の甲の親指~人差し指付近のしびれを引き起こしたり、つま先が上がりにくくなる
  • 筋肉が慢性的に短縮していると、ハンマートゥやかぎ爪趾を引き起こし、指がまっすぐに伸ばせなくなる。治療せずに放っておくと、足の変形や夜間のけいれんにつながる。

 

トリガーポイントは、ストレッチなどのセルフケアだけでは解消することは難しいです。

トリガーポイントの状態が続くと、症状の慢性化につながってしまいます。

症状の解消・慢性化を防ぐためには、【早期施術】が重要となります!

  • 足首前面の痛みで悩んでいる。
  • レントゲンなどの検査では問題はなかったのに、いまだ痛みが解消されない。
  • 今回の投稿を読んでいて、自分に当てはまる所があった。
  • 自分の状態が該当するのかどうか分からない・気になる。

という方は、ぜひとまり木整体院へご相談ください!