自宅で簡単チェック!あなたの骨盤・股関節はいかがですか?

自宅で簡単チェック!あなたの骨盤・股関節はいかがですか?

まずはあお向けに寝て、脚を腰幅に開いて力を抜いてください!

さて、今ご自身の足の開き具合はどのような状態になっていますか?

イラスト引用:「出典 土屋真人 (2012) 『姿勢と動きの「なぜ」がわかる本』P202 秀和システム.」

上の写真のように、約40~45度外側に開いたぐらいであれば良好といえます!

 

しかし、両足もしくは片足どちらかが45度以上外側に開いているという方は要注意です!

イラスト引用:「出典 土屋真人 (2012) 『姿勢と動きの「なぜ」がわかる本』P202 秀和システム.」

骨盤を後ろに傾ける筋肉や股関節を外側にひねる筋肉が硬くなっている可能性があります。

また、坐骨神経痛骨盤を前に傾ける筋肉や股関節を内側にひねる筋肉の筋力低下の可能性も高まります。

 

それから、逆に両足もしくは片足が40度以下に閉じているという方も注意が必要です。

イラスト引用:「出典 土屋真人 (2012) 『姿勢と動きの「なぜ」がわかる本』P205 秀和システム.」

先程とは逆に骨盤を前に傾ける筋肉や股関節を内側にひねる筋肉が硬くなっている可能性があります。

そして、骨盤を後ろに傾ける筋肉や股関節を外にひねる筋肉が筋力低下しているかもしれません。

 

ご自身の状態はどれに当てはまりましたか?

足が大きく開いていた、逆に内側に閉じていたという方は、

  • 骨盤のゆがみ
  • 股関節や足首の動きが悪い
  • 膝のねじれ
  • 各筋肉の筋力や柔軟性の低下

などが起こっていると考えられます。

また、その状態を継続させると、腰痛や猫背などの姿勢不良にもつながります。

 

とまり木整体院では、骨盤や各関節のアライメント(形)を調整ストレッチポールを使ったエクササイズで、本来の位置に戻った状態を身体に再認識させていきます!

気になる方は、ぜひ一度ご相談ください!


骨盤や脚の調整についてはこちら↓