猫背姿勢の改善ポイントは『胸』『お腹』にあり!

猫背姿勢の改善ポイントは『胸』『お腹』にあり!

こんな姿勢になっていませんか?

背中が丸まった状態=猫背で、頭や肩が前に出た姿勢になっていて、骨盤も後ろに傾いてお尻が下に下がった状態になっている。(左図)

また、猫背でありながら、骨盤は前に傾き腰が大きく反っている。(右図)

 

どちらも頭や肩が前に出ているため、首肩こりや頭痛などを引き起こしやすく、腰にも負担がかかるので、腰痛を引き起こす可能性も高まります。

また、体の中の土台となる体幹部が不安定な状態では、肩甲骨や肩関節・脚へも悪影響を及ぼしますので、猫背姿勢の方は早めにコンディショニングを行い、姿勢を整えることが必要です。

ポイントをおさえたコンディショニングを!

では、猫背姿勢に対するコンディショニングのポイントとは何か?

その答えは『胸(胸郭)』『お腹』です!

 

猫背姿勢でお悩みの方に、一度ご自身で思うように背筋を伸ばして姿勢を正していただくと、先程の写真の右側のように『腰を大きく反らせ、背中上部は丸まったまま』の姿勢を作る方が多いです。

これは胸の骨格部分=胸郭部の動きが悪いため、腰・骨盤で姿勢を作った結果です。

正しくは上の写真のように、お腹を伸ばし、背中の上部=胸の後方辺りをそらす動きが出来るかが重要なポイントとなります!

猫背姿勢を続けていると、お腹の筋肉は縮こまった状態になっています。

お腹の筋肉の一部は肋骨についているので、縮こまった状態が続くと肋骨の動きを硬くします

そしてその結果、胸郭下部の外へ広がる動きが悪くなります

この動きがうまく出来ていないと、胸郭全体が上に持ち上がる動き=胸の後方をそらせる動きがしにくくなるため、猫背姿勢を作り、なかなか改善しない結果へとつながります。

 

猫背姿勢の改善ポイントとしては、お腹の筋肉の余分な緊張を取り、肋骨との癒着があればそれも取りのぞき、お腹の筋肉をしっかり伸ばせる状態にすると共に、肋骨の動きも取り戻していきます。

そして、胸郭全体を持ちあげそらせる動きが出来るようになれば、丸まった猫背姿勢から背中が正しくキレイなラインの姿勢へと変わります!

猫背が気になっている方、猫背を改善したい方、まずは今一度ご自身の姿勢をチェックしてみてください!

そして、努力はしているもののなかなか改善されない・どう改善すればいいか分からない時は、とまり木整体院にコンディショニングをお任せください!


猫背姿勢を改善するメニューはこちら↓