整体

ボディコンディショニングとまり木整体院の整体は、【筋膜性疼痛症候群】の観点から施術を行っていき、痛みなどの不調症状の解消と予防を行っています!

筋膜性疼痛症候群(Myofascia Pain Syndrome 以下、MPS)とは?

日常生活の中で、同じ姿勢を続けたり重い物を持ったりすると、筋肉や筋膜などの組織に大きな負荷がかかります。

そうすると「筋肉痛」や「筋肉のこり」が発生しますが、通常は数日程度で回復します。

しかし、同じような負荷を繰り返しかけたり、冷えて血行が悪い状態が続いたりすると、短期間での組織の回復が出来ない状態となります。

この組織が回復出来ていない部分(筋硬結)トリガーポイントというものが発生することで、身体に痛みなどの不調を引き起こします。

トリガーポイントが身体に様々な不調症状を引き起こす、これがMPSです!

※トリガーポイント=『不調を引き起こす引き金となる点』という意味

MPSの3つの大きな特徴

特徴①:一般的な不調を引き起こす!

MPSに含まれると考えられる不調症状は、

  • 緊張型頭痛・腰痛・膝の痛みなど、体各所の痛み
  • 手足のしびれや疼きなどの感覚異常
  • 筋力や柔軟性の低下
  • 関節の動きが悪い・姿勢のゆがみ
  • めまい・内臓機能の低下・気分の落ち込みなどの自律神経症状
  • 慢性的な肩こり・血流やリンパの循環不良による冷えやむくみ など

とされています。

特殊な症状ではなく、どれもほとんどの方が一度は悩んだことがあるはずの不調ばかりです。

 

特徴②:普通の日常生活に原因がひそんでいる!

先程、同じ姿勢や重い物を持つことを繰り返したり、冷えて血行が悪い状態を続けることが、トリガーポイントを発生させる原因だとお伝えしました。

しかし、その他にもトリガーポイントを発生させる原因として、

  • 事故やねんざなどのケガ・手術やケガ後に長期間のギプス固定などをしていた。
  • 骨格の歪み(骨盤や肩甲骨など)・関節の動きが悪い。
  • 食事の偏りなどによるビタミン・ミネラル不足がある。
  • その他(緊張や精神的ストレス・睡眠不足・内臓疾患など)

が考えられるとされています。

トリガーポイントが発生する原因も、特徴①と同様に特殊なものではなく、普通の日常生活にひそんでいます。

 

特徴③:画像検査では分からない!

MPSは、レントゲン・MRI・血液検査などの検査では目で見える結果として表れません

この特徴は、MPSであると分かるのが遅れたりよく似た別の病気と間違われたりするケースを引き起こします。

結果、MPS初期の段階で適切なケアが出来なかったり・別の病気に対するケアを受けることで、回復が遅れ『症状の悪化・慢性化へとつながっている方が多くいらっしゃいます。

参考:MPSが原因で生じる症状によく似た病気

・顎関節症・頚椎症・頸肩腕症候群・胸郭出口症候群・五十肩・肩関節周囲炎・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群・腱鞘炎・椎間板症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・変形性股関節症・変形性膝関節症・半月板障害・糖尿病性神経障害 他

 

もう一度MPSの3つの特徴をまとめると、

  • 一般的な不調症状を引き起こす!
  • その原因は普通の日常生活にひそんでいる!
  • 画像検査や血液検査では目で見える結果として表れない!

つまり、

  • 頭痛や腰痛、手足のしびれ、自律神経症状などの不調で悩んでいる。
  • いつも通りの生活で特別なことをしたわけでもないのに、身体に不調が起こる。
  • 病院でレントゲンや血液検査などをしたが、原因がハッキリ分からなかった。
  • 痛み止めの薬・シップ・自分でマッサージなどをしているが、なかなか改善に至らない。
  • 慢性的に身体の不調で悩んでいる。

という方々はMPSである可能性が高いです!

トリガーポイントは、ストレッチやマッサージなどご自身で行うケアでは解消されません。

上記項目に当てはまるものがあって、身体の不調をなんとか改善したいという方は、一度ご相談ください!

施術概要

トリガーポイントの特定

まず、不調症状を引き起こしているトリガーポイントの場所を特定します!

  • 日常でよく行っている動きや姿勢などの確認
  • 徒手検査による各組織の状態チェック

を行っていくことで特定していきます!

 

トリガーポイントに対する施術・結合組織のリリース

トリガーポイントを取りのぞくためには、血流を促進させ、組織への栄養運搬・老廃物排出の流れを作り、組織を回復させていくことが重要となります。

そのため、まずは『虚血圧迫法』などの手技をトリガーポイント部分に直接行い、血流を促進させることで、トリガーポイントを取りのぞきます。

また同時にトリガーポイントがある部分だけでなく、その他関連する部分にも手技を行うことで、全身の血行が良くなり、体全体の回復力も高まるので、トリガーポイントの再発を予防する効果もあります!

 

ストレッチポールによるコアコンディショニング

ストレッチポールを使ったコアコンディショニングで、骨格を整え・体の軸を安定させることで姿勢や動きが良くなり、日常生活においての筋肉や筋膜に対する負担を軽減させることにつながります!

 

セルフケアのご案内

トリガーポイントを再発させず、良い状態をより長くキープするために必要なセルフケアの方法を、お一人お一人に合わせた形で丁寧にご案内していきます!


整体料金

※回数券・学生の施術時間は50分となります。