足裏の痛みでお悩みの方へ!改善ポイントは『足の指』『足首』にあり!

足裏の痛みでお悩みの方へ!改善ポイントは『足の指』『足首』にあり!

足裏の痛みで多い『足底筋膜炎』

最近、足裏の痛みでお悩みの方が多いので、今回は足裏に痛みを引き起こす原因として特に多い『足底筋膜炎についてのお話です。

足底筋膜とは、かかとの骨(踵骨)~足裏前方・各指のつけ根付近(親指でいうと拇趾球)につく繊維組織帯のことです。

かかと~足の指にかけてある白い部分が『足底筋膜』

主な働きは、足のアーチの維持・衝撃吸収・足の安定性を保つことで、特に歩行時には重要な役割を担います。

症状と原因は?

主に痛みが発生するのが、足裏のかかと付近土踏まず付近です。(下図の赤丸部分)

動き始め朝起きて最初に足を床に踏みこんだ時など、足裏に体重がかかる時に強く痛みを感じやすく、他にも長時間立っていたり歩いたりした時にも痛みを感じることがあります。

 

原因は、足底筋膜に対して継続的な圧や急激な強い刺激が加わったことによる組織の微細損傷が続いたことで、その結果組織の変性や硬くなったことで起こる炎症が痛みを引き起こしています。

特にかかと付近の炎症状態を放っておくとかかとの骨(踵骨)の変形=踵骨棘が出来て、痛みやしびれなどを引き起こすリスクが高まります。

そんな状態を引き起こさないためにも、足底筋膜炎に対する早期施術・早期回復が大切となります。

 

原因である足底筋膜への継続的な圧や急激な強い刺激とは、

  • 普段あまり運動しない中で、急に激しい運動(長時間のランニングなど)をした。
  • ジムのスタジオや体育館など床の硬い場所で、足裏に衝撃を与える運動(バレーボールやダンスなど)をした。
  • 長時間仕事で立っていた。
  • 合わない靴やハイヒールで長時間歩いた。

などが挙げられます。

これらの行動を出来る限り避けることが足底筋膜への負担を軽減することになりますが、避けることがなかなか難しいという方は、かかる負担を少しでも軽減するために『足の指』『足首』の動きを良くしていきましょう!

 

足の指を床から持ち上げる動き(背屈)は、足底筋膜が適度に緊張することに関係しています。

ですので、足の指を動かす筋肉などが硬くなりその動きが悪くなると、足底筋膜に負担をかけることになります

また、足首の動きによって足裏への体重のかかり方が変わるので、足首の動きも足底筋膜に大きく関係してきます

 

そこでとまり木整体院では、足底筋膜の負担を軽減させるため、足の指と足首の動きに関係する筋肉や筋膜を調整し、動きを良くしていく施術を行っています。

足裏の痛みでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください!

足部のコンディションを整える『骨盤・足部コンディショニング』についてはこちら↓