スポーツをしている学生さんへ!より上手くなりたいなら『眼』も鍛えよう!

スポーツをしている学生さんへ!より上手くなりたいなら『眼』も鍛えよう!

トッププレイヤーは【眼】も良い!!

今日から7月に入りました!

今はサッカーのW杯で熱戦が繰り広げられていますね⚽

そして7月は、全国で高校野球の夏の予選が始まるなど、学生さん達にとっても熱い戦いが始まります!

とまり木整体院はスポーツを頑張っている全ての学生さんを全力で応援しております!

 

スポーツと眼の関係について

眼の能力は『視力』だけではありません。

実は眼には様々な機能があるんです。

主な視覚機能

  1. 静止視力(一般的にいう視力のこと)
  2. KVA(動体視力の1種で、前から向かってくる物に対しての動体視力)
  3. DVA(動体視力の1種で、左右に移動する物に対しての動体視力)
  4. 眼球運動(眼の柔軟性)
  5. コントラスト感度(明るさを識別する能力)
  6. 深視力(距離感)
  7. 瞬間視(瞬間的に多くの情報を認識する能力)
  8. 眼と手の協応動作(眼でとらえた情報に対して、手や体を連動させること)

また、この8項目以外にも、

  • 周辺視(周りから眼で情報を取り入れる能力、例えばノールックパスがしたい人には特に重要^-^)
  • 両眼視(2つの眼で見たものを脳で一つにまとめて認識する高度な機能)
  • イメージング(しっかりとイメージトレーニングが出来る力)

など、たくさんあります!

学生の皆さん、自分の眼に自信はありますか?

 

ビジョントレーニングのススメ

そんな眼の能力を高めるトレーニングが【ビジョントレーニング】

近年ではプロスポーツ選手やチームも取り入れているトレーニングです!

・日本ハム・近藤打率4割の秘密は…目と心鍛える「メンタルビジョントレーニング」に

・近藤が取り入れたメンタルビジョントレーニングとは。昨年12月、球団トレーナーの紹介で同トレを主宰する臨床心理士の松島雅美氏のもとを訪れた。Jリーガーや日本代表経験のあるフェンシング選手なども取り入れている。

引用元:デイリースポーツ

ビジョントレーニングは、スポーツにとって重要なメンタル面においても良い影響を与えてくれます!

 

「もっと上手くなりたい!」

「試合で勝ちたい!」

「プロのスポーツ選手になりたい!」

と思っている学生さんには、ぜひ【ビジョントレーニング】取り組んでほしいです!

(私自身も高校まで野球をやっていましたが、もっと早く知りたかったですT_T)

ちなみに、大人になってからでもビジョントレーニングで視覚能力を高めることは出来るので、スポーツを楽しんでいる大人の方にもおススメしています!