【肘の外側の痛み】でお悩みの方!原因は他の部分にもあります!

【肘の外側の痛み】でお悩みの方!原因は他の部分にもあります!

肘の外側に痛みを引き起こす可能性がある筋肉

トリガーポイントとは筋肉に出来た硬い結節で、押すと痛みがその場所だけでなく、他の場所にも広がる部分のこと。

今回はそのトリガーポイントが発生すると、肘の外側に痛みを引き起こす可能性がある筋肉のご紹介です!

※各画像について

  • 筋肉上にある×トリガーポイント
  • 青い部分痛み(関連痛)を感じる範囲

長橈側手根伸筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • 肘の外側から人差し指へとつながる筋肉で、手首を手の親指側に曲げる働きがある。
  • 手首を反らす・肘を曲げる働きによって、パソコンのキーボードを叩いたり、ピアノを演奏する時に、手を定位置に保つことができる。
  • テニスゴルフタイピング楽器演奏お菓子作りで生地をかき混ぜるなど反復的な手・手首の動作によって、トリガーポイントが発生しやすい。
  • この筋のトリガーポイントは、テニス肘の主な原因であり、前腕の外側手の甲に灼熱痛を発生させる。

上腕三頭筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • 二の腕の筋肉で、肘をまっすぐに保つ・腕の骨を肩甲骨に固定する働きがある。
  • スポーツや仕事強い力でくり返し行う動作荷物を長時間ぶら下げているなどでトリガーポイントは発生しやすい。
  • この筋肉のトリガーポイントはいくつか異なった場所で発生し、それぞれ異なった痛みのパターンがある
  • 肘の外側だけでなく、背中や肩、時には首の根元付近にも関連痛を発生させる。
  • トリガーポイントが悪化すると、薬指・小指に痛みを引き起こすこともある。

棘上筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • 肩のインナーマッスルの一つ。
  • 重い物を運ぶ・動かす腕を長時間上に上げている肘を支えずにキーボードを叩き続ける作業などで、トリガーポイントは発生しやすい。
  • この筋肉のトリガーポイントの痛みは、主に肩の外側深部に発生するが、時に上腕の外側~手首付近まで痛みが広がることもある
  • テニス肘の原因は腕にあることが多く、見逃されることもある。

肘筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

  • 肘にある小さな筋肉で、上腕三頭筋と共に肘を伸ばす働きがある。
  • 尺骨神経が通っているため、ほぐす時には注意が必要。

 

トリガーポイントは、ストレッチなどのセルフケアだけでは解消することは難しいです。

トリガーポイントの状態が続くと、症状の慢性化につながってしまいます。

症状の解消・慢性化を防ぐためには、【早期施術】が重要となります!

  • 肘の外側の痛みで悩んでいる。
  • レントゲンなどの検査では問題はなかったのに、いまだ痛みが解消されない。
  • 今回の投稿を読んでいて、自分に当てはまる所があった。
  • 自分の状態が該当するのかどうか分からない・気になる。

という方は、ぜひとまり木整体院へご相談ください!