姿勢や骨盤のことが気になっている方!【ひめトレ】がおススメです!

姿勢や骨盤のことが気になっている方!【ひめトレ】がおススメです!

【ひめトレ】って何?

皆さん、【ひめトレ】って聞いたことありますか?

【ひめトレ】とは・・・、

イスの上にあるオレンジ色のポールのことです!

長さ約20cm・直径4~5cm程の柔らかい素材のもので、重要だけどなかなか意識しにくいインナーユニットの一つ、骨盤底筋群を意識しやすくしてくれるツールです!

 

インナーユニットって?骨盤底筋群って?

インナーユニットとは、体を支え・骨盤をしっかり安定させる上で、特に重要とされているお腹~骨盤周りにある4つの筋肉(横隔膜腹横筋多裂筋骨盤底筋群)の総称です。

この中の骨盤底筋群は骨盤の底にある筋の集まりで、靭帯などと一緒に骨盤底を支えています。

主な働きとしては、

  • (膀胱・生殖器・直腸など)骨盤内臓器や腹部の内臓を保持
  • 姿勢の安定化に関係
  • 排尿・排便・生殖に関係
  • 呼吸と連動

が挙げられます。

 

骨盤底筋群が弱まる原因・起こる不調

骨盤底筋群が弱まる主な原因

  • 妊娠・出産筋肉の過度伸張・神経の圧迫などにより、大きく影響を受ける。また、伸びた筋肉は数ヶ月かけてある程度元に戻るが、ケアが不足するとうまく収縮できなくなる事もある。
  • 姿勢が悪い:イスにダラッと座る」など、姿勢が悪いままだと骨盤底筋群が動かずおとろえていく。
  • 運動不足・・・全ての筋肉に言えることですが、筋肉は使わないと弱まります
  • 加齢・・・特に更年期以降の女性の場合は、女性ホルモン・エストロゲンの減少によって、骨盤底筋が弱まりやすい状態になります。

こんな姿勢を続けていると骨盤底筋は弱くなる

骨盤底筋群が弱まることで起こる不調

  • 内臓の働き低下(内臓を下から支えきれず、本来の位置より下がってしまうため)
  • 姿勢の崩れ(骨盤底筋群を含むインナーユニットは姿勢の安定化に関係するため)
  • 尿漏れなどの排泄障害(トイレを我慢する時に力が入っているのが骨盤底筋群)
  • 運動パフォーマンス低下(骨盤・体幹部が安定しないと、腕・脚は自由に動かせない)
  • お腹のたるみ・ぽっこりお腹(内臓が下がり、姿勢も崩れるため)
  • 血行不良・冷え・むくみ(骨盤のゆがみにより、脚に続く血管などが圧迫されるため)

などがあります。

 

骨盤底筋群を意識して鍛えるツール=ひめトレ

では、その骨盤底筋群をどう鍛えればいいのか?

皆さん、今「骨盤底筋群に力を入れてみてください!」と言われて、すぐに意識して力をいれることは出来ますか?

これが結構難しいんです、ご来院のお客様の中でも最初から意識できる方はほとんどいません。^_^;

 

しかし、トレーニングにおいて重要なことは鍛える筋肉をしっかり意識できているかどうかです!

では、体の深部にあってなかなか意識しにくい骨盤底筋群の伸び縮みを、いかに意識してトレーニングするのか?

その問題を解決してくれるのが【ひめトレ】です!

 

実際にエコーを使ったひめトレと骨盤底筋との関係性についての研究でも、ひめトレを使ったエクササイズは意識して骨盤底筋群を鍛えることができると発表されています↓

第17回日本女性骨盤底医学会内のひめトレ研究発表より

・ひめトレを用いたエクササイズは,骨盤底筋群の主観的な収縮感覚を引き出すことに有効であることも示された.

「出典:ひめトレ公式サイト

ひめトレの上に座ってトレーニングを行うと、骨盤底筋群の伸び縮みをすごく意識することが出来ます!

また、インナーユニットの4つの筋肉は本来連動して動くので、ひめトレを使った骨盤底筋トレーニングは他の3つの筋肉の活性化にもつながり、

  • 姿勢・骨盤が良くなり、安定しやすくなる
  • 腕や脚の動きが良くなる
  • ぽっこりお腹・脚のむくみの解消
  • 内臓機能の低下・尿漏れを防ぐ

などにつながります!

 

早めに対策をしておきたい

姿勢や体の動きをもっと良くしたい

出産後の身体のケアをちゃんとしたい

最近、ぽっこりお腹や内臓の調子が気になっている

方々には、【ひめトレ】を使った骨盤底筋トレーニングおススメです!