なかなか改善しない腰の痛みの原因はお腹の奥にあり!

なかなか改善しない腰の痛みの原因はお腹の奥にあり!

なかなか良くならない腰の痛み・・・(男性)

 

症状

  • 以前から腰の痛みが続いていて、数日前から特に強く感じるようになった
  • 腰の痛みは右側(深部)だけで、時々脚のつけ根付近(鼠径部)にも痛みを感じることがある
  • 寝てる状態から起き上がろうとすると腰が痛い
  • 一応、病院で腰のレントゲンを撮ってもらったが、特に異常はなし
  • 腰をマッサージしたりしても、あまり良くならない。

 

整体前チェック

  • 徒手検査(SLRテストなど)を実施、脚のしびれはなし
  • 立った状態で前に屈んだり、後ろに反らすと腰に痛みあり
  • 仰向けで膝を立てた状態で左右に脚を倒すと腰に痛みあり
  • 立位姿勢は骨盤が前傾していて、反り腰状態
  • 腰部、腹部、太もも前面の筋肉が硬い

 

原因:腸腰筋のトリガーポイント

(赤い部分が痛みを感じる部分、×がトリガーポイント)

「出典 松本不二生 沓脱正計 (2007) 『痛みの臨床に役立つ手技療法ASTRー軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ』医道の日本社」

 

腸腰筋はお腹の奥(背骨の前側)にある大腰筋と骨盤の内側にある腸骨筋が合わさった筋肉。

仕事がデスクワークで長時間座っていることが多いため筋が短縮し、腰痛を治そうと思って腹筋運動を少し頑張ったことによって過度な負荷がかかり、トリガーポイントが発生。

 

整体内容

  • 腸腰筋のトリガーポイントに虚血圧迫を行う(深部筋のため、他を傷つけないよう慎重に行う)
  • お腹・腰背部の筋肉をバランスを考えながら整えていく。
  • 太もも前の筋肉をほぐしていく。
  • 腸腰筋・太もも前面のストレッチを行い、硬く縮こまっていた身体前面の筋肉を伸ばしていく。
  • 姿勢の崩れと右側に寄りかかるように立つクセがあったので、ストレッチポールを使った姿勢調整と感覚入力を行う。
  • 姿勢の安定性を良くするため、ひめトレを使いながらお腹~腰付近のインナートレーニング

 

整体後の症状変化

  • 腸腰筋は深部にある筋肉なので、2~3回に分けて徐々にゆるめていき、感じてた腰部痛と鼠径部痛も解消。
  • 立った状態での前に屈む・反らす動作や仰向けで膝を左右に倒した時の腰の痛みも軽減。
  • 朝体を起こすときや仕事中イスから立ち上がるときに腰に痛みを感じていたが、ここ最近は感じていないとのこと。

 


 

ご予約・お問い合わせはこちらから↓

ご予約・お問い合わせ

 

【毎日を楽しめる身体づくり!】