肩甲骨・胸郭コンディショニング

コンディショニングの目的

肩~腕の動きを良くする!

腕を下から耳の横まで上げる時、本来全体の3分の1は肩甲骨の動きとなります。

しかし、

  • 上の物を取ろうとしても、腕が上がらない
  • 洗濯物を取り込む時など、腕を上げる動作をした時に肩が痛い。

などでお悩みの方は、この肩甲骨本来の動きが出来ていない方が多いです。

そして、その原因として特に多いのが『肩甲骨と周囲組織との癒着です。

〈肩甲骨の動きを妨げる癒着ポイント一例〉

●赤丸部分=癒着ポイント

●肩甲骨と肋骨の間、肩甲骨周囲にある筋肉と特に癒着が起こりやすい。

このような場合は、まず肩甲骨と周囲組織との癒着を取り、その後肩甲骨本来の動きを引き出すコンディショニングを行うことが必要です。

それを行うことで肩甲骨の可動性は良くなり、腕がしっかりスムーズに上がるようになります!

また、肩関節にかかる負担が軽減するので、肩の痛みを解消・予防することにもつながります!

 

猫背・巻き肩姿勢改善!

上半身における姿勢のお悩みで多いのが猫背』『巻き肩です。

背中が丸まってしまう猫背姿勢・肩が内側に巻き込むようにして前に出ている巻き肩姿勢は、

どちらも放っておくと、

  • 慢性的な首肩こり
  • ストレートネック
  • 頚椎ヘルニア
  • 胸郭出口症候群 
  • 浅い呼吸・自律神経症状  など

様々な問題を引き起こします。

ちなみに・・・

〈猫背姿勢は頭が前に出やすく、首にかかる負担を増大させる!?〉

頭の重さは成人でおおよそ6kgあり、頭が前に出たり、うつむくだけでその負担は増大します。

研究では、首の角度を30度曲げただけで18kg、60度では27kgもの負荷になるとしています。

出典:ストレッチポール®公式ブログ

そんな猫背・巻き肩姿勢を引き起こす原因は胸郭にあります。

↑この『肋骨の横に開く動き』が出来ないと、

猫背は改善されない!

猫背や巻き肩姿勢、それが原因で起こる様々な問題を改善するためには、胸郭のコンディショニングが必要です!
まず、胸郭全体の動きを良くすること!

胸郭の動きが良くなり、本来の位置でキープする力がつけば、肩甲骨の位置も良くなります!

 

『バストアップ姿勢・天使の羽』など、上半身のスタイルを良くする!

肩甲骨・胸郭の状態不良は、『上半身のスタイル崩れ』も引き起こします。

例えば、

  • 胸郭が下がった状態⇒バストラインは下がり、背中全体が丸まって見えます
  • 肩甲骨が外に開いた状態⇒正面から見た時に腕の太い部分が見えてしまいます

いくら一生懸命トレーニングで筋肉をつけ脂肪を落としても、姿勢が悪ければスタイルは良く見えません!

受験や就活での面接・結婚式・初対面の人と会う時など、人生の中でスタイルを良く見せたい場面は必ずあります。

そういった場面でも、肩甲骨・胸郭を本来の位置にしっかりキープする力と柔軟に動かせる力をつけておくことで、自然にスタイルを良く見せることが出来ます!

『天使の羽』と言われる肩甲骨とキレイな背中のラインを作るには、

肩甲骨と胸郭両方の状態を良くすることが必要不可欠!

 

コンディショニング・トレーニングをご紹介

硬結部・癒着部リリース

肩甲骨・胸郭の位置を崩し動きも悪くしている筋肉内の硬結部(硬く縮こまっている部分)や各組織間(筋膜など)にある癒着部を手技で丁寧に細かくリリース(解放)していきます。

ストレッチポールによるコンディショニング

ストレッチポールを使うことで、骨の配列(アライメント)を正しく整える効果があります。

筋肉をいくら良い状態にしても、アライメントが崩れた状態のままでは、またすぐに筋肉は硬くなってしまい、なかなか肩甲骨・胸郭の状態を良くできません。

硬結部・癒着部リリースと同時進行でアライメントも整えていくことで、より早く良い状態にすることができます!

女性の方や学生さん用のストレッチポールもご用意しております!


コンディショニング料金