骨盤・足部コンディショニング

コンディショニングの目的

立ち方・座り方・歩き方を良くする!

日常動作の中で基本となる『立つ・座る・歩く』

この動作の中心となるのが骨盤と足部です。

骨盤には『体幹部から脚へ』『脚から体幹部へ』力を伝達する役割があります。

「出典 Donald A. Neumann (2005) 『筋骨格系のキネシオロジー』嶋田智明・平田総一郎監訳,医歯薬出版.」

この力の伝達が安定していると、立ったり座ったりした時の姿勢は安定します。

しかし、骨盤が左右非対称であったり偏った傾き方をしていると、力の伝達は不安定となり、良い姿勢を保つことが困難となります。

 

また、足部は立つ・歩く時に唯一地面と接し、体全体を支える部分です。

足部の使い方が良ければ、安定した良い立ち姿勢・体への負担が少ないスムーズな歩き方につながりますが、使い方が偏っていたり間違っていると、立ち姿勢や歩き方は崩れてしまいます

 

『立つ・座る・歩く』でお悩みの方、まずは骨盤と足部を整えていきましょう!

骨盤と足部の周囲組織の癒着を取りのぞき、崩れた骨の配列(アライメント)を整え、それぞれ本来の動きを引き出すコンディショニングを行っていくことで、立ち方・座り方・歩き方は良くなっていきます!

 

お腹・腰~下半身のスタイルを良くする!

骨盤・足部の状態が悪いと、下半身のスタイルに悪影響を及ぼします。

『骨盤の傾きが脚に与える影響』

出典:ストレッチポール®公式ブログ

骨盤の傾きによって、股関節が内・外にねじられ、その状態が長期継続すると、X脚・O脚など脚のラインの崩れにつながります。

そして、『ヒールを履いて長時間つま先を上げずに歩く』『足の外側に体重をかけて立つ』など、偏った足の使い方も脚のラインを崩す原因となります。

脚のラインの崩れは、慢性的な太ももやふくらはぎの張り・むくみ膝の痛みなどにつながるので注意が必要です。

また、骨盤の傾きは反り腰・垂れたお尻・ぽっこりお腹など、脚以外のスタイルの崩れも引き起こします。

 

お腹・腰周り~下半身のスタイルを改善・予防するためには、骨盤・足部両方のコンディショニングが重要です!

骨盤・足部のアライメントと周囲の筋を調整すると共に、同時進行で股関節や膝関節の動きの修正も一緒に行っていくことで、お腹・腰周り~下半身のスタイルは良くなります!

 

コンディショニング・トレーニングをご紹介

硬結部・癒着部リリース

骨盤・足部の位置を崩し動きも悪くしている筋肉内の硬結部(硬く縮こまっている部分)や各組織間(筋膜・靭帯など)にある癒着部を手技で丁寧に細かくリリース(解放)していきます。

ストレッチポールによるコンディショニング

ストレッチポールを使うことで、骨の配列(アライメント)を正しく整える効果があります。

筋肉をいくら良い状態にしても、アライメントが崩れた状態のままでは、またすぐに筋肉は硬くなってしまい、なかなか骨盤・足部の状態を良くできません。

硬結部・癒着部リリースと同時進行でアライメントも整えていくことで、より早く良い状態にすることができます!

女性の方や学生さん用のストレッチポールもご用意しております!

ひめトレを使った骨盤底筋トレーニング

『ひめトレ』はストレッチポールの一種で、骨盤底筋への意識を高めてくれるトレーニングツールです。

骨盤を整えた後、ひめトレの上に座って行う呼吸トレーニングで骨盤底筋を活性化させていきます!

骨盤底筋を鍛えることで骨盤は安定し、骨盤の状態不良による問題の改善につながります!


コンディショニング料金