ビジョントレーニング紹介!子供の見る力を高めるには姿勢や体の使い方も大事!

ビジョントレーニング紹介!子供の見る力を高めるには姿勢や体の使い方も大事!

小学生のT君 トレーニング頑張ってます!!

現在、とまり木整体院でビジョントレーニングを受けてくれている

T君の頑張っている姿とトレーニング内容をご紹介したいと思います!

(今回の投稿内の写真・動画は、親御様の許可をいただいて掲載しております。)

基礎の眼球運動トレーニング

眼球運動は全ての土台となりますので、準備運動もかねて毎回初めに行っています。

自宅でも自主トレーニングとして取り組んでくれているので、利き目に偏りがちだった両眼の使い方もバランスよくなってきました!

同じもの・間違い探し

これは、制限時間内に同じもの、または間違いを見つけるゲームです!

眼で文字を追いかける追従性眼球運動など、眼球運動のトレーニングになります!

また、瞬時に文字の形を判別しないといけないので、

瞬間的に眼で情報を捉える力(瞬間視)や情報処理の力を高めることにもつながります!

 

今回は、眼だけを動かして【1分間に『あ』がいくつ見つけられるか】と【間違いを見つけられるか】にチャレンジしてもらいました!

この時は、一緒にご来院いただいたお父さんとの勝負形式で行いました!

結果は・・・、今回はお父さんの勝利でした^_^

ビジョントレーニングの良いところは、こうしてみんなで一緒に楽しめることですね!

(皆さんもぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!)

だるま

ビジョントレーニングでは、姿勢づくりや体の使い方のトレーニングも行います!

T君がやっているのは、膝を立てて座った状態から後ろに転がって、反動を利用しながらまた起き上がる『だるま』という運動です。

簡単に見えて、意外にキレイに起き上がれなかったりするんです、時に大人の方でも・・・^_^;

 

鉄棒の逆上がりなどで重要な『反動のタイミング』を覚える運動でもありますが、とまり木整体院ではこれを体の中心軸を意識する運動としても重要視して行っています。

眼の使い方に偏りがある人は、姿勢も左右どちらかに傾いていることが多いです。

その場合、ただ姿勢をまっすぐにすることだけを意識させるのではなく、

まず、骨盤の真ん中~背骨~後頭部の真ん中を通る体の中心軸を意識させることが重要です!

 

T君も初めは起き上がれなったり、左に傾きながら起き上がったりしていましたが、自宅での自主トレも頑張ってくれた結果、まっすぐ転がって起き上がれるようになってきました!

T君、目標達成に向けてこれからも一緒に頑張ろう!!

 

講習会・イベントのお手伝いいたします!

ボディコンディショニングとまり木整体院では、スポーツチームや子ども達の集まる地域サークルなどへの出張説明会・体験会も承っております!

もちろん、ママ友サークル・保護者会やスポーツ指導者の方々の集まりでもOKです!

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!