施術報告【片側の腰~お尻にかけての痛み】

施術報告【片側の腰~お尻にかけての痛み】

本日ご来院のお客様の施術報告です!

≪症状≫

昨日より左側の腰~お尻付近にかけて痛みが出てきて、特に歩いていると痛みを強く感じる

(ここ2~3日ほどよく歩いたとのこと)

また、左脇付近にも痛みを感じることがある。

≪原因≫

痛みの場所と関連する筋肉を細かくチェックした結果、『腰方形筋』『中殿筋』にトリガーポイントが発生していました。

(画像内の×部分がトリガーポイント、青い範囲はトリガーポイントが出来ると痛みが出現するとされる場所)

腰方形筋

中殿筋

画像引用:アプリ「筋のトリガーポイント」

腰方形筋はお尻に、中殿筋は腰に痛みを引き起こします。

両筋肉はどちらか一方にトリガーポイントが出来ると、もう一方にもトリガーポイントが発生しやすくなりますので、同タイミングで両筋肉を整えることが必要となります。

 

また、脇付近の痛みは『広背筋』の外側に癒着がありました。

骨盤~上腕骨へとつながる広背筋(水色部分)ですが、赤い円付近に癒着(他の筋肉とくっついた状態となり、動きが悪くなっている部分)があり、これが脇付近の痛みを引き起こしていると考えられます。

≪コンディショニング内容≫

  • 腰方形筋・中殿筋のトリガーポイントを手技(虚血圧迫法など)で軽減させる。
  • 広背筋の癒着部分をリリース
  • 体のバランスを整えるため、右側の同筋肉と両脚の筋肉も整える。

 


トリガーポイントについて↓