球児からの質問『ピッチングの時、体が大きく横に傾けてしまうのはなぜ?』

球児からの質問『ピッチングの時、体が大きく横に傾けてしまうのはなぜ?』

ピッチャーの悩み

先日出張でグループコンディショニングを行った高校の野球部に所属している学生さんに、『ピッチングの時、リリース付近でどうしても体が横に大きく傾いてしまう』という相談を受けました。

この写真のように、ボールを投げる(リリース)手前ぐらいから、上半身を反対側(右投手の場合左側)に大きく傾けて投げている学生の投手をよく見かけます。

なぜ体を傾けてしまうのか?

この状態を引き起こす原因として、大きく2つのことが考えられます。

①肘を肩より上に上げようとするも、肩甲骨と胸の動きが悪いため、上半身を横に傾けないと腕が上がらないから。

ボールを投げる動作において、肘の位置が肩よりもやや上にあることが望ましく、この位置をつくれることで肩や肘にかかる負担は軽減します。

そして、この肩と肘のラインをつくるためには、肩関節だけでなく『肩甲骨と胸の動き』も重要となります!

ここでの肩甲骨と胸の動きとは、『肩甲骨を各方向に柔軟に動かすこと』と『胸(胸郭)を反らせる動きが出来ること』を言います。

 

これらの動きが出来ることで、腕は上がりやすく、体を傾ける必要もなくなります!

 

②骨盤・股関節と胸のひねる動きがうまく出来ていないため、上半身を横に傾けないと体をひねる動きが出来ないから。

体の構造上、ひねる動きの中心となるのが『骨盤・股関節と胸』です。

ピッチング動作においても、体の中心軸を崩さずにこれらの部分をしっかりひねれるかが重要となります!

 

しかし、この動きがうまく出来ない選手は、リリース付近からフォロースルーにかけて体を大きく傾けながら投げていることが多いです。

これは体を傾けた側に胸はひねりやすいという体の仕組みを利用するために起こっていることで、体を大きく傾けないとひねる力が作れないからです。

骨盤・股関節→胸へと連動してしっかりひねることが出来れば、体を横に傾けることもなくなります。

 

まとめ

ピッチングの際、体を横に傾けてしまう理由としては、

①肩甲骨と胸の動きが悪いため、上半身を横に傾けないと腕が上がらない。

②骨盤・股関節と胸のひねる動きがうまく出来ていないため、上半身を横に傾けないと体をひねる動きが出来ない

が考えられます。

体が横に傾くことで頭の位置と視線は安定せず、コントロールも悪くなりやすいです。

この体を傾けて投げる問題は野手の送球時にも言えることなので、投手だけでなく、野手の皆さんもご自身の投げるフォームを再確認してみてくださいね!

 

とまり木整体院ではこの問題に対して、『立甲コンディショニング』『スイングストレッチを使った体幹トレーニング』を中心にパーソナルコンディショニングを行っています。

コンディショニングご希望の方、ぜひ一度ボディコンディショニングとまり木整体院へご来院ください!


とまり木整体院が行う『スポーツコンディショニング』について

 

練習場所へ直接伺い、チームでスポーツコンディショニングを行う『グループコンディショニング』について