後ろにそって腰が痛い方へ!太ももの前やお腹が硬くなってないですか?

後ろにそって腰が痛い方へ!太ももの前やお腹が硬くなってないですか?

 

後ろにそって腰が痛む方は特にチェックが必要な部分

 

前回は「前にかがんで腰が痛い方、足裏やふくらはぎ硬くなってないですか?」でした。

今回は「後ろにそった時に腰が痛い」場合、特にチェックしていただきたい部分のお話です。

 

その部分とは・・・、

スーパーフィシャル・フロント・ライン(SFL)

です!!

 

SFLって何??

 

SFLも、前回のSBLと同様に筋膜ラインの一つです。

SFLは、足の甲~すね~太ももの前~お腹の真ん中~首の前~耳の後ろ・後頭部までつながっている筋膜のラインのことです!

(体を前からみた図)

「イラスト出典 トーマス・W.・マイヤース (2009) 『アナトミー・トレインー徒手運動療法のための筋筋膜経線』板場英行・石井慎一郎訳,医学書院.」

 

後ろにそって腰が痛い場合、太ももの前・お腹なども要チェック!!

 

前回は前にかがんで腰が痛い時、特に足裏やふくらはぎをチェックしてくださいとお伝えしました。

では、後ろにそって腰が痛い場合はどうなのか?

後ろにそって腰が痛いときは、特に太ももの前やお腹をチェックしてください!

 

なぜ、腰が痛いのに、体の前側もチェックするのか?

それは、体の前側が硬く伸びにくい状態で体をそらせると、腰に過度な負担がかかるからです!

特に太ももの前やお腹の筋肉が硬くなっている方は、前にかがんでよりも後ろにそった時のほうが腰が痛いことが多いです。

 

また、太もも前の筋肉の一部は、骨盤についています。

そこが硬く縮こまってしまうと、骨盤が前方に引っ張られて、前に傾いてしまいます。

骨盤が前に傾くと、体はバランスを取ろうと無意識に腰をそらせます。

いわゆる、反り腰の状態です。

その状態が続くと、背中にある筋肉に過度な緊張を継続させることとなり、結果腰痛につながっていきます。

 

  • 長時間立ったり、歩いたりで太ももの前が硬くなっている方
  • 長時間背中を丸めて座っている方(背中を丸めた姿勢はお腹の筋肉を縮こませた状態です)

体を反らせる動きには、特にお気をつけくださいね!

そして腰だけでなく、太ももの前やお腹など体の前面のケアもこまめに行っていきましょう!

 

身体の不調の原因は、必ずしも不調を感じている部分にあるとはかぎりません。

いろいろ試しているけど、なかなか良くならないという方は、当院へ一度ご相談ください!

 


 

ご予約・お問い合わせはこちらから↓

ご予約・お問い合わせ

 

【毎日を楽しめる身体づくり!】