夏を楽しもう!夏バテ改善・予防策!!

夏を楽しもう!夏バテ改善・予防策!!

 

連日、暑い日が続きますね・・・(-_-;)

みなさま、早くも夏バテしてませんか?

楽しい夏はこれからですよ!!

今日は、夏バテ改善・予防策のお話です!

 

夏バテの症状

 

「夏バテ」は医学的用語ではなく、夏の暑さによる体調不良の総称です。

主な症状としては、

  • 全身がだるい・疲労感
  • 食欲がでない・消化機能の低下
  • ぐっすり眠れない

などがあります。

また、上記のような症状によって、身体の免疫力が低下し、夏風邪をひきやすくなったり、胃腸炎にかかってしまうこともあります・・・。

 

夏バテの原因

 

温度差による自律神経の乱れ

暑い屋外とエアコンなどで冷えた室内の急激な温度差によって、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

そのため、自律神経失調症状として、全身のだるさや疲労感などを招きます。

 

高温多湿による発汗の異常

高温多湿の環境により、汗の出口周辺がつまってしまい、発汗が出来なくなることがあります。

そうすると、身体の体温調節もうまく出来なくなってしまい、体温上昇による熱中症になることもあります。

また、発汗が過剰になることで、体内の水分量が不足気味になり、夏バテを引き起こします。

 

熱帯夜による睡眠不足

夜間でも気温が高いため、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなることで、睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足になることで、身体の疲労を回復することができず、疲れがたまってしまい、夏バテを引き起こします。

 

水分の取り過ぎ

夏の水分補給は非常に重要ですが、水分の取り過ぎはかえって夏バテを引き起こすこともあります。

水分の取り過ぎによって、胃酸は薄くなり、消化機能が低下します。

そのため、食欲不振・胃もたれ・胃腸炎などが起きやすくなります。

 

また、むくみや体の冷えにもつながります。

特に体の冷えは免疫力を低下させるので、夏風邪をひきやすくなってしまいます。

 

夏バテ改善・予防策

 

温度差に気をつけましょう!

温度差が5℃~7℃以上になると、自律神経のバランスが乱れやすくなるといわれています。

まずは、エアコンの温度や風が直接当たらないように風向きなどをこまめに調節しましょう!

 

もし仕事場など、ご自身で調節ができない場合は、上着を羽織ったりするなどで体温調節をしましょう!

また、涼しい室内から暑い外へ出る前は、必ずストレッチなどの軽い運動で、室内で冷えた体を少し温めてから外出するようにしましょう!

 

食事に気をつけましょう!

暑い夏は、ついそうめんや冷や麦などの炭水化物に偏った食事になりやすく、栄養のバランスが崩れがちになってしまいます・・・。

食欲が落ちやすい夏ですが、栄養のバランスを考え、たんぱく質やビタミン・ミネラルも意識的に摂っていきましょう!

 

夏バテ改善・予防食材

ビタミンB1(エネルギー代謝を良くする)

豚肉、うなぎ、タイ、ブリ、大豆、玄米、ホウレンソウなど

アリシン(ビタミンB1の吸収を良くする)

にんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎなど

クエン酸(疲労物質の分解)

レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干しなど

・ビタミンC(自律神経の安定・免疫力UP)

トマト、ゴーヤ、かぼちゃなどの夏野菜

・香辛料(胃腸の働きを良くし、食欲減退を防ぐ)

わさび、こしょう、唐辛子など

 

なお、ジュースなどの甘いものは取り過ぎると、糖分過多による疲労感やだるさにつながりますのでご注意を!

 

睡眠環境を整えましょう!

身体を休め、体力をしっかり回復させるには、ぐっすり眠ることが大切です!

温度約28度、湿度50~60%を目安に、エアコンや扇風機を活用していくようにしましょう!

活用の際には、必ずタイマーを設定して、一晩中かけ続けないようにし、風が直接体に当たらないようにもしましょう!

また、寝る前のスマホやテレビは極力避け、睡眠時間をしっかり確保しましょう!

 

適切な量とタイミングの水分補給

体内に必要な水分量は決まっています。

それより少なくても、多くても良くありません。

常に一定の水分量をキープするためには、こまめに水分補給をしましょう!

 

喉がかわいたと思ったときは、すでに体は脱水状態になってきています。

その状態にならないよう、コップ1杯程度の水分をこまめにとるようにしましょう!

(特に、外出やお風呂などの汗をかく前後には必ず水分補給をしてください!)

(水分補給ついてはこちらもごらんください→水分補給の習慣を)

 

今年もかなり暑い夏になりそうです。

夏バテ改善・予防策はお早めに!

 

もし夏バテ症状でお悩みで、なかなか症状が解消されないという方は、当院へ一度ご相談ください!

自律神経のバランスが乱れているときは、背骨周辺の筋肉をゆるめ、背骨の状態を整え、柔軟にしていくことが有効です!

手技で筋肉をゆるめ、ストレッチポールで背骨を整え、セルフエクササイズで柔軟性をつけていきます!

 


 

ご予約・お問い合わせはこちらから↓

ご予約・お問い合わせ

 

【毎日を楽しめる身体づくり!】