施術報告~腕を上げると肩が痛い~

施術報告~腕を上げると肩が痛い~

40代・男性のお悩み

  • 動かした時に左肩に痛みがあり、安静にしている時は痛みはなし。
  • 起床時夜寝ている時に特に痛みを感じる。
  • 痛みは常にではなく、不意に強く感じる。また、その時はやや音がするとのこと。
  • 以前、同症状で整骨院に行って、1回施術を受けた。その時は楽になったので、それからは通ってはいない。

整体前チェック

  • 左肩の大結節部(肩のインナーマッスルが付着する部分)を押すとやや痛みあり。
  • 動作時に肩関節部でややれき音があり、外転(腕を横から上げていく動作)の可動域制限あり。
  • 筋緊張の影響を受けて、左肩甲骨の位置が悪く動作性も低下している。
  • 夜間痛も強く、れき音もあるため、関節部周辺で炎症が起こっていると考えられる。

左肩関節部周辺の炎症は、肩関節に対して負担が過度にかかっているため。

肩関節の負担増の大きな原因は、筋肉の過緊張+肩甲骨の動きの硬さです。

整体内容

  • 肩関節部に炎症がある間は関節を動かす調整はせず筋の緊張をゆるめることを中心に行う。
  • 外転動作に関わる筋肩甲骨の位置と動きを調整するのに必要な筋を中心にゆるめていく。
  • 夜間痛が軽減した2~4回目は、肩関節と肩甲骨の動きを取り戻す調整も行っていく。
  • 肩甲骨のセルフケア方法も同時にお伝えする。

整体後の症状変化

  • 2回目来院時には、左肩大結節部の痛み・夜間痛は軽減していたが、今度は左肩甲骨の内側付近に痛みを感じるようになった。
  • 2回目以降、肩関節や肩甲骨を動かしていく調整を増やしていってから、徐々に肩甲骨の内側付近の痛みも軽減
  • 4回目の施術時には、筋の緊張はまだあるものの、夜間痛などの痛みはなくなり、外転動作の可動域制限もなくなりました!

 


整体についてはこちら↓